ストリートブランドの買取

SOPHNET

1998年 清永浩文氏により『SOPH.』として設立されたブランド。ミニマムなデザインを軸に、洗練された日常着を求めてスタート。アウトドアの機能を追求した素材などに着目するなど革新的な視点が注目を浴びている。SOPHNETの買取はこちら

 

WTAPS

1996年、西山徹氏により40% UPARMORED WTAPSとして活動開始。M-65などに代表されるミリタリーウエアを得意とする。2011年渋谷に初のオンリーショップであるGIP-STOREをオープン。WTAPSの買取はこちら

 

アンダーカバー買取

1990年、文化服装学院の学生、高橋盾氏が、一之瀬弘法氏とともに、「アンダーカバー」を設立。アンダーカバーはレディースラインで、メンズラインはアンダーカバイズムとして発表されている。アンダーカバーの買取はこちら

 

ネイバーフッド

1994年に滝沢伸介氏が東京・原宿にてブランドを設立。ブランドコンセプトは「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッド等の要素を独自の解釈で昇華したベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」。ネイバーフッドの買取はこちら

 

VISVIM

2000年、中村ヒロキが「ビズビム(visvim)」をスタート。当初はシューズブランドだったが、2004年、アパレルの展開をスタート。2005年、フラッグシップショップ「F.I.L.」をオープン。モンクレールのデザイナーに登用されるなど国際的にも評価の高いブランド。VISVIMの買取はこちら

 

テンダーロイン

1997年に辺見氏と西浦徹氏によりスタート。「各地のストリートカルチャーを自ら体験しその魂を服に込める」というコンセプトを体現。ブランド名は、ニューヨークやサンフランシスコにある治安が悪い地域「テンダーロイン地区」が由来。テンダーロインの買取はこちら

 

マルセロバーロン(マルセロブロン)

正式名称は、マルセロ・バーロン カウンティ・オブ・ミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN)。マルセロ・バーロン氏は、DJや、ブランドのPRを担当したあと、ファッション誌「ロデオマガジン」の編集長に就任。その後、自分のブランドを立ち上げた人物。マルセロバーロンの買取はこちら

 

OFF-WHITE

元、Pyrex Vision(パイレックス ヴィジョン)のデザイナー、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が手がける新ブランド。2014年初頭より、パリのコレット、ロサンゼルスのマックスフィールド、NYのバーニーズニューヨーク、日本のGR8などで発売されるようになったブランド。ヴァージル・アブローは、カニエ・ウェストのファッションアドバイザーとして知られている。OFF-WHITEの買取はこちら

 
Yeezy買取
 
424(FourTwoFour)買取 
 
Fear OF GOD買取

 

買取センターの場所と住所

アスメディアの買取センターは、横浜市営地下鉄ブルーライン、仲町台駅から10分の場所にございます。お車の方は第三京浜の都筑インター、東名高速の横浜青葉インターをご利用ください。なおご来店の場合は、事前に必ずご予約をお入れ下さい(来客時以外は不在にしております)。詳しい場所と住所はこちらをご覧ください。

特集ページ

サブコンテンツ

045-482-7470 まで
お電話下さい